判決確定後

| 未分類 |

離婚裁判の手続きは訴状を作成して、夫婦のどちらかの住所のある自治体の家庭裁判所に訴状を提出することで開始されて、初回の口頭弁論では訴状と答弁書の内容を双方で確認して、問題点などを裁判所が整理して、それに基づいて原告と被告になった夫婦がお互い反論しあいます。反論に関しては準備書面という書類を提出することで行われるので、夫婦が顔を合わせて話し合うことはありません。2回目以降の口頭弁論では双方の主張を洗い出すことに注力して、原告と被告の双方が提出している反論の書面を確認して、食い違う主張をしている部分についての証拠を調べて提出します。
判決確定後は和解が成立した場合と離婚が成立した場合とでは対応が異なりますが、判決で決着をした場合には2週間以内に被告による酵素が行われなければそこで判決が確定するので、同時に離婚が成立します。和解で決着した場合には裁判所によって和解調書という書類が作成されるので、それを提出することで離婚が成立します。
離婚届の提出は判決で決着した場合には判決が確定してから10日以内に判決書謄本と判決確定証明書と離婚届をそろえて市町村の役場に提出すると完了します。和解でも判決でも離婚が成立した場合には相手方の署名捺印無しで書類を提出することができます。