準備書面により言い分の整理方法

| 未分類 |

準備書面というのは原告が作成する訴状と被告が作成する答弁書の内容を裁判所が整理して、反論がある場合に言い分などを書いて提出するもので、2回目以上の口頭弁論では双方の主張について話し合いますが、原告側と被告側のそれぞれが作成した反論の内容を確認して、主張に食い違いがある点に絞って証拠を調べます。
証拠の種類には2種類あり、書証は書類や資料などを収集して裁判所に提出するもので、人証というのは本人尋問や証人尋問によって正当性を訴えるものです。書類や資料を収集する場合には秘密裏に行わなければならないことや、十分な書類を集めるためには長い期間が必要になるので、探偵業者や弁護士などの意見を参考にして集める場合が多く、自分だけで証拠を集める場合には対象者に離婚訴訟の存在がわかってしまうことがあり、その事実を知られてしまうと証拠を集めることが困難になってしまうので、専門家の助言に従って適切に収集することが重要です。
証拠は第三者が見ても主張の正当性が認められるようなものである必要があるので、解像度の高い写真や動画、浮気相手の氏名、年齢、住所などをしっかりと収集して、裁判所に浮気の証拠と自分の主張の正しさを証明していきます。