家庭裁判所調査官、参与員の活用

| 未分類 |

あなたが離婚をする場合、参与員の存在があなたの離婚の行方を大きく左右する重要な存在になります。参与員は家裁にて選任される、非常勤の担当者です。あくまでも民間から選出されます。普段は弁護士や会計士、大学の教授などをしている場合が多いです。知識のない素人が誰でもなれるというわけではありませんので、安心できる存在です。
家庭裁判所調査官は家裁における実際の夫婦間や子供の事件にあたる者ですが、参与員はそれに対し第三者的存在です。親権や養育費など細かい事柄について助言を与えてくれたり、裁判官に対しても意見を言える存在です。
裁判となると基準となるものが法律しかありませんが、彼らは一般論としての発言もできるので、和解に向けた話し合いなど幅広い判断ができるのが特徴です。離婚は裁判所では事件扱いですが、同時に男女間の繊細な問題でもあります。法律だけでは裁きにくい問題でもあります。
一般的に離婚をするということは人生で何度もあることではないので、彼らは非常に心強い存在で、うまく活用することによって、離婚する両者にとってよりよい方向に向かわせる可能性があります。しかし、彼らが参加するかどうかはあくまでも裁判所が決めます。