裁判離婚訴訟の流れ

| 未分類 |

裁判離婚訴訟の流れは、以下のようになります。
まずは、訴えを提起するため、家庭裁判所に訴状を出します。
提出先は、妻もしくは夫の住所地を管轄する家庭裁判所です。
訴えが認められれば、家庭裁判所が第1回の口頭弁論の期日を指定してきます。
期日が決まれば、相手方にも呼び出し状が送られます。
呼び出し状と一緒に訴状の副本も送られているので、相手方は訴状に書かれている主張に対する答弁書を作り、家庭裁判所に出します。
そして、第1回の口頭弁論となります。
おおむね、訴状を出してから1ヵ月後に行われます。
その審理は、月に1回のペースで行われ、以下のような流れになります。
まず、争点の整理。
何が争いの原因かということを整理します。
次に、原告からの証拠の提出。
争点を整理したところで、争いの原因となる事実が存在するということを証明するためには、その証拠が必要になります。
そして、被告からの証拠の提出。
原告の主張に反対するためには、こちらも証拠が必要になります。
以後は、裁判官が納得するまで証拠の提出を行っていきます。
双方の主張を踏まえ、どちらが正しいかを判断するのですが、原告の言う離婚の原因が存在するかどうかが断定できた時点で終わります。