裁判離婚訴訟の手続き

| 未分類 |

結婚相手と離婚したいと思ったとき、双方の話し合いで合意に至ることが出来れば離婚届に判を押すと離婚が成立しますが、中には話し合いがこじれてしまい、話し合いだけでは到底解決できないケースがあります。このような場合は第三者を間に入れて、客観的に離婚協議を行うことで法の力を借りて強制的に離婚することが出来る「裁判離婚訴訟」というものがあります。
これは話し合いや家庭裁判所での調停でも離婚に至らなかった場合の最終手段として用いましょう。
主な手続きの流れとしては、居住している住所の管轄裁判所へ必要書類を提出することから始まります。訴状と夫婦の戸籍謄本、夫婦関係の詳細を第三者が客観的に見てわかるような預金通帳などの必要書類や、不倫やDVなどが原因の場合はそれらの証拠も一緒に提出することが必要です。
裁判所離婚では、民法に定められている離婚原因が無い限りは離婚が認められないため、以下の五つに当てはまるかどうかを事前に確認することが必要です。
一つ目は配偶者に不貞行為があった二つ目は配偶者から悪意で遺棄された、三つ目は配偶者の生死が三年以上明らかになっていない、四つ目は配偶者が強度の精神病にかかっていて回復の見込みが無い、五つ目はそのほかに結婚生活を継続しがたい重大な自由がある場合です。
手続きは素人には煩雑で難しいため、多くの人は弁護士などの専門家を雇用して対処しています。