証拠の立証

| 未分類 |

結婚相手の不倫が原因で離婚を決意した場合、お互いの話し合いによって離婚が成立しない場合は調停離婚や裁判離婚にまで話がもつれ込みます。
その時に焦点となるのは不倫の証拠を立証できるのかどうかです。具体的には不倫相手との肉体関係があることがはっきりと分かるような写真や動画などの提出が求められます。
メールや会話の内容で肉体関係があることが疑われる場合でも、きちんと立証できなければ調停や裁判では客観性が低くて認められません。
これは詐称によって離婚することを防ぐためには重要な決まりごとです。しかし本当に離婚したいと切望する人にはなかなかハードルが高いものでしょう。
仮に一度不倫の事実を認めていたとしても、慰謝料や財産分与の問題から話し合いの場で不倫の事実を否定するケースもあるため、出来れば結婚相手を早急に問い詰めるのではなく、プロの探偵や興信所に行動調査を行ってもらい、具体的な写真などを入手してもらってから離婚の話し合いに進むのがベターです。
自分の希望する慰謝料を請求したい人、子供の親権を手に入れて養育費もきちんと貰いたい人など、離婚後の生活を視野に入れて自分の希望する話し合いに進めたいと思ったときは、これらの知識をきちんと理解しておくことが重要です。